MENU

間違ったスキンケア用品選びとは

スキンケア用品を選ぶ場合には、自分の肌に合った物を選ぶことが大切となります。ただ、単純に、高額なスキンケア用品であれば良いのではなく、化粧品には、使用を推奨されている年代がありますから、年代に合わせたスキンケア用品選びをするようにしましょう。


若い世代であるのにも関わらず、アンチエイジングの為の化粧品を使用してしまうと、肌に栄養分を与えすぎてしまい、歳を重ねた時に、一気に老化現象が進んでしまうとされています。セラミド化粧品の中にも、推奨される年代がありますから、必ず年代を確認し、自分の年代に合っている物を使用するようにしましょう。

その他にも、脂質肌であるのにも関わらず、乾燥肌用のセラミド化粧品を使用してしまっているような人もいますし、乾燥肌であるのにも関わらず、脂質肌用のスキンケア用品を使用してしまっている人もいます。

自分の肌質をわかっていないと、間違ったスキンケア用品選びをしてしまい、結果的に、肌質を改善することができず、肌トラブルを引き起こしてしまう原因となってしまいますから、注意しましょう。

誰でも、どの年代でも使用可能となる、セラミド化粧品も数多くありますが、年代に合わせた化粧品を使用する方が、それだけ肌トラブルの改善に効果的となります。

セラミド化粧品には、様々な種類があり、配合されているセラミドにも違いがありますから、成分を必ず確認し、自分の肌に合わせた物を選ぶようにしましょう。

セラミド化粧品選びに迷ったら

セラミド化粧品選びに迷ってしまう事もあるでしょう。セラミド化粧品に配合されているセラミドには、様々な種類がありますが、どのセラミドも、保湿効果があるため、どれを選べば良いか、わからなくなってしまうような場合も多いとされています。

セラミド2と表記されている場合には、少量のセラミドでも、肌の奥に十分なセラミドを浸透させることができるとされていますし、セラミド6には、肌の表面のバリア機能を高める働きがあるとされています。

ヒト型セラミドの場合には、非常に粒子が細かく、肌の奥深くまで浸透しやすいと言われていますし、セラミド1から3までの番号が付いている場合には、保湿力が高いセラミドとなっています。

セラミド化粧品選びに迷ってしまった場合には、成分表記を確認し、保湿力を高めたいのか、バリア機能を高めたいのかによって、製品を選ぶという事も良いでしょう。

ですが、同じ番号のセラミドが配合となっている場合でも、実際に、セラミドが配合されている成分量には、違いがありますから、できるだけ多くのセラミドが含有されている物を選ぶことが大切となります。

人気が高い製品を選ぶことでも、セラミド化粧品選びが失敗となってしまう事を避ける事ができますし、まずはお試しセットを利用してみる事を検討する事も良いでしょう。

化粧品は、高額となってしまう物が多いため、購入後に失敗となってしまわないように、情報収集をしっかりと行う事が大切となります。

天然セラミドと合成セラミドの違いとは

セラミドには、天然セラミドと、合成セラミドがあります。

天然セラミドは、主に馬などから抽出されたセラミドをセラミド化粧品に配合している物となりますが、合成セラミドの場合には、石油から抽出された物や、科学的に合成されているセラミドとなります。

その他にも、米ぬか油などから抽出された植物性セラミドや、酵母を主な原料として作られたヒト型セラミドなどもあります。

セラミドの中で高い効果を得る事ができるとされているのが、ナノ化されたヒト型セラミドとなりますが、次に効果が高いとされているのが、天然セラミドです。

天然セラミドよりも、若干保湿力が劣るとされているのが、植物性セラミドとなりますが、その植物性セラミドよりも、保湿力が低いのが合成セラミドとなります。

合成セラミドは、大量生産が可能となるため、非常に安値でセラミド化粧品を作ることができるのですが、保湿効果が薄ければ、肌質改善を取り入れる事ができません。セラミド化粧品に記載されている成分表記により、天然セラミドであるのか、合成セラミドであるのかを見極め、できるだけ高い効果を得る事ができるセラミドを選ぶと良いでしょう。

天然セラミドの場合には、成分表記として、セラミドの後ろに、番号がついていますから、わかりやすいとされています。

合成セラミドの場合、保湿力が多少あったとしても、セラミド自体を増やす効果はないとされていますから、肌のセラミドを増やすためには、あまりお勧めではないと言えるでしょう。

セラミドの種類を調べる

セラミド化粧品の配合成分を調べると、セラミドには番号が付いている事に気が付くことと思います。セラミドには、種類があり、番号によって、セラミドの効果が若干違います。

そのため、番号をチェックした上で、セラミド化粧品を選べば、自分の肌に合っているセラミド化粧品を選びやすいと言えるでしょう。


セラミド1から3、セラミド5と6は、水分保持機能が高いとされており、セラミド1、4、5は、肌のバリア機能を高める事がわかっています。セラミド3、6、7は、シワを軽減することがわかっていますし、セラミド6と7には、ターンオーバーを促進する効果もあります。



一番特徴があるのがセラミド7で、皮膚の上には、いつでも菌が常在しているのですが、その菌のバランスを整えたり、細胞が増殖するのをコントロールすることができるとされています。

様々なセラミドの中でも、保湿効果が非常に高いとされているのがセラミド2となりますが、敏感肌にむいているセラミドとしては、セラミド1と3と6などがおすすめであるとされており、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があるとされています。


最近では、番号が付いているセラミドよりも、ヒト型セラミドの方が、浸透率が高いとされており、保湿効果が高く、それだけ多くのセラミド化粧品に使われることが多くなっています。

セラミドの浸透率によって、効果は全く違う物となりますから、セラミドの種類によって、化粧品選びをすると、肌質改善への近道となるでしょう。

食品からセラミドはとれないの?

セラミドをセラミド化粧品を利用し、肌の表面から補うのではなく、食品からセラミドを補う方法もあります。

セラミドは、様々な食品にふくまれており、こんにゃくいもや米、小麦や大豆などの豆類など、普段から口にする物に多く含まれています。米など毎日口にする人も多いかと思いますが、それでも乾燥肌が進行してしまう人は非常に多いとされています。

乾燥肌が進行してしまう原因としては、肌の表面からの保湿が不十分である場合や、リノール酸の過剰摂取などがあげられます。

リノール酸は、油分に多く含まれていますから、揚げ物などを頻繁に食べる人や、ファーストフードを良く利用する人、油分の多いお菓子などを摂取するなどにより、セラミドの生成を少なくしてしまっている事がありますから、注意が必要となります。

普段からバランスの摂れた食事を意識していると、セラミドが減少せず、乾燥肌を防ぐことができるのかといったら、それだけでは、乾燥肌を防ぐことは難しいとされています。

乾燥肌になってしまう原因は、食生活だけではなく、生活習慣やストレスなど、様々な要因がありますから、セラミド化粧品などを利用し、肌の表面からの保湿もしっかりと行う事が大切です。

セラミドを食事から摂取する事も大切ですが、口から摂取したセラミドが、必ずしも顔の肌に効果があるわけではなく、どの部分のセラミドが増えるかはわかりませんから、
セラミド化粧品を利用する方が、確実に肌のセラミドを補う事ができるとされています。

バルクオムのレビューはこちら